書籍・読書

夜あるく木

菅原 敏「詩人と暮らし」

No. 888(2019.03.01発行)
WE LOVE 平成アニメ

「慰謝料よこしなさいよ」という段になり
「残念ながら金などないのだよ」というと
「そんなことはとっくに知ってらあ」と
最初の人は耳を引っぺがして持っていき
つぎの人はまぶたを
つぎの人は膝小僧を持っていった

それからというもの
私の名を呼ぶ声は聞こえず
どんな夜にも目を伏せることができず
棒になってしまった足を引きずりながら
緑道沿いの散歩に出るのだが
犬を連れた健康的な恋人たちを目にして
いま、心のためにも
ヴァンナチュールが必要なのだと
濁ったやさしいワインを求めて
丸太の二本足 こつこつ響かせ
Umbilicalまで

memo】雷様を怒らせるとヘソを奪われてしまう。多くのものを無くしてきたけれど、今のところまだヘソは奪われていない。ヘソの緒、英語ではUmbilical Cord。すがるような足取りでヘソの緒をたどり、私はいつもの席に着く。「Umbilical」世田谷区三軒茶屋2−15−3。(敏)

すがわら・びん

詩人。新詩集『かのひと超訳 世界恋愛詩集』(東京新聞)発売中。国内外での朗読公演など幅広く活動中。

編集/
西野入智紗

本記事は雑誌BRUTUS888号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は888号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.888
WE LOVE 平成アニメ(2019.03.01発行)

関連記事