音楽・ラジオアニメ

音楽の作り手が 考える、愛されるアニメソングとは。

時代ごとに移り変わるアニメソング、愛される条件。

No. 888(2019.03.01発行)
WE LOVE 平成アニメ
冨田明宏,岩崎太整

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

いわさき・たいせい

1979年北海道生まれ。作曲家として映画、ドラマ、CM、アニメなど様々な音楽を手がける。映画『モテキ』で第35回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。第86回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部の課題曲の制作など幅広く活躍。

とみた・あきひろ

1980年千葉県生まれ。音楽プロデューサーとしてアニメの主題歌やゲーム音楽、黒崎真音や内田真礼、ClariSなどのアーティストを手がける。アニソンライブの司会や、ラジオパーソナリティ、大学での講義など活動は多岐にわたる。

『シティーハンター』

1987年から88年によみうりテレビ、日本テレビ系列で放送された。原作は週刊少年ジャンプに連載された北条司のコミック。アニメ版の監督はこだま兼嗣。天才的スイーパーである冴羽獠がパートナーの槇村香とともにシティーハンターとして裏世界で活躍するストーリー。オープニングテーマに小比類巻かほるの「City Hunter〜愛よ消えないで〜」、大沢誉志幸の「ゴーゴーヘブン」、エンディングテーマにTM NETWORKの「Get Wild」、シティーハンター2のエンディングでは岡村靖幸の「Super Girl −CITY HUNTER 2−」が使用された。作品だけではなく、主題歌も次々とヒットし、今も作品とともに多くのファンに支持されている。今年2月には『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ〉』が公開された。

『YAWARA!』

1989年から92年までよみうりテレビ、日本テレビ系列で放送された。監督はときたひろこ、アニメーション制作はマッドハウス。原作は週刊ビッグコミックスピリッツで連載された浦沢直樹の大人気コミック。主人公の猪熊柔は天才女子柔道家。世界的に有名な柔道家である祖父に鍛えられるが、普通の女の子になりたいという思いも捨てられない。葛藤を抱えながらも、恋をしたり、ライバルに出会ったりと、様々な経験をしながら、オリンピックを目指す青春柔道ストーリー。永井真理子が歌うオープニングテーマ「ミラクル・ガール」は今も歌い継がれる大ヒットソングになった。ほかにも今井美樹の「雨にキッスの花束を」や原由子の「負けるな女の子!」「少女時代」、松本隆が作詞し、姫乃樹リカが歌う「スタンド・バイ・ミー」などスタイリッシュな音楽が主題歌として起用され、多くのアニメファンや、音楽ファンを驚かせた。

『マクロスF』

2008年にMBS、TBSほかで放送された。『マクロスシリーズ』の25周年記念作品として制作され、総監督は河森正治。音楽は菅野よう子が担当。「星間飛行」は第12話の挿入歌で、第17話のオープニングテーマ。松本隆が作詞、菅野よう子が作曲。ヒロインであるランカ・リー(中島愛)が歌う。「ライオン」は第18話からのオープニングテーマでもう一人のヒロイン、シェリル・ノーム(May'n)とランカ・リーのデュエット曲。作詞はGabriela Robin、作曲は菅野よう子。この作品から数々の名曲が生まれ、今も多くの人に愛されている。

『血界戦線』

2015年にMBS、TOKYO MX、BS11で放送された。原作は内藤泰弘によるコミック。音楽は岩崎太整が担当。17年に第2期の放送が始まり、東宝から『TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」オリジナルサウンドトラック』が発売された。岩崎が世界中を回り、音源素材を集めながら作られ、ジャズやブルースなど様々な音楽ジャンルで構成されている。

『ひそねとまそたん』

2018年にTOKYO MX、BSフジほかで放送された。総監督は樋口真嗣。オープニングテーマは福本莉子が歌う「少女はあの空を渡る」(第2話から第7話)、「少女はあの空に惑う」(第8話から第11話)。作詞は原作者の一人の岡田麿里。作曲・編曲は岩崎太整。サウンドトラックはワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントから発売中。

「コネクト」

2011年にMBSほかで放送され、社会現象となった『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマ。作詞・作曲を渡辺翔、編曲を湯浅篤、歌をClariSが手がける。11年2月にSME Recordsから発売。ClariSは当時中学生だったクララとアリスの2人組。この曲は彼女たちの2枚目のシングルで、ロングヒットを記録した。

「だんご大家族」

2007年から09年にTBS系列で放送されたアニメ『CLANNAD』の挿入歌、エンディングテーマ。作詞・作曲は原作シナリオライターの麻枝 准が手がけ、編曲・たくまる、歌・茶太、コーラス・真理絵、くない瓜、Rio、Morrigan、藤枝あかね、茶太、たくまるが担当。07年にKey Sounds Labelから発売された。

「Hacking to the Gate」

Xbox 360で発売されたゲームのメディアミックスとして制作されたアニメ『STEINS;GATE』のオープニングテーマ。作詞・作曲を原作ゲームの企画・原案である志倉千代丸、編曲を磯江俊道が担当し、いとうかなこが歌う。この作品は2011年にTOKYO MXほかで放送。歌詞にストーリーが反映されていることでファンの間で話題となった。

photo/
Shota Kono
text/
Saki Miyahara

本記事は雑誌BRUTUS888号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は888号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.888
WE LOVE 平成アニメ(2019.03.01発行)

関連記事