アニメ

アニメ三賢人が語る、平成30年でアニメの何が変わったか。

WE LOVE 平成アニメ

No. 888(2019.03.01発行)
WE LOVE 平成アニメ
左から石岡良治、水島精二、吉田尚記

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

よしだ・ひさのり

1975年東京都生まれ。放送界で1、2を争うオタクで知られ、年間100本以上のイベント司会や、ニコ生やTV番組出演、「マンガ大賞」の発起人など、その活動はラジオにとどまらない。

みずしま・せいじ

1966年東京都生まれ。80年代からアニメ業界で活躍するベテランアニメーション監督。若手の育成にも尽力する。代表作に『鋼の錬金術師』『機動戦士ガンダム00』『楽園追放』など。

いしおか・よしはる

1972年東京都生まれ。長年「最強の自宅警備員」の肩書でカルチャー評論を執筆するが、昨年より早稲田大学文学学術院准教授に着任。著書に『視覚文化「超」講義』などがある。

photo/
Kaori Oouchi
edit&text/
Kaz Yuzawa

本記事は雑誌BRUTUS888号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は888号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.888
WE LOVE 平成アニメ(2019.03.01発行)

関連記事