旅と地域

【合羽橋】道具にこだわらない 2人の道具屋巡り。

細野晴臣 × 中沢新一「東京天国」

No. 886(2019.02.01発行)
死ぬまでにこの目で見たい日本の絵100
合羽橋の地名の由来になったともいわれる合羽屋喜八の墓がある曹源寺(通称「かっぱ寺」)ほか、大小の寺院と仏具屋がひしめく寺町でもある田原町周辺。浄土真宗東本願寺派本山である東本願寺の門前には、昔ながらの下町風情が残る町並みが。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

HARUOMI HOSONO

1947年東京都生まれ。音楽家。69年にエイプリル・フールでデビュー後、はっぴいえんど、ソロ、ティン・パン・アレー、YMOなどで活動。2017年、2枚組アルバム『Vu Jà Dé(ヴジャデ)』発表。

SHINICHI NAKAZAWA

1950年山梨県生まれ。人類学者。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治大学野生の科学研究所所長。『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)ほか著書多数。近著に『アースダイバー 東京の聖地』(講談社)。

photo/
Yurie Nagashima
text/
Kosuke Ide
edit/
Naoko Yoshida

本記事は雑誌BRUTUS886号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は886号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.886
死ぬまでにこの目で見たい日本の絵100(2019.02.01発行)

関連記事