その他

テーマ〈続・教訓〉

平常心ブラザーズの平常心を失くす日。

No. 886(2019.02.01発行)
死ぬまでにこの目で見たい日本の絵100
宮沢 
大竹(まこと)さんに会うと必ず「宮沢はコップの水をこぼす」っていう話をされる。俺も成長したから今はあんまりこぼしてないのに。
やつい 
宮沢さん、今もこぼすんじゃないですか?
宮沢 
こぼさないよ。
やつい 
食べながらこぼしているイメージがありますね。
宮沢 
うちでメシを食うときは、もっとテーブルに近づけと。
やつい 
こぼしてますね(笑)。一緒です。食べだすとウチの犬、机の下にスタンバイしてます。隠しようがない。犬は知ってますから。「落とすんですよね?」って。
宮沢 
ウチの猫は人が食べるものにほとんど関心がない。ただ、3匹いるうちの一番下のやつが遊んでほしくてしょうがないんだよ。俺、寝る前に睡眠導入剤をのむんだけど、薬を半分に割る機械があって、それを出すと確実に来るんだよ。身を乗り出して。つまり、こいつ寝るなってことなんだよね。
やつい 
すごい、覚えてるんですね。ウチの犬はなんでも食べますね、人のものを。死ぬよって言っているのにチョコを食おうとする。
宮沢 
もう死んじゃった猫は綿菓子が大好きだった。なんでこの猫はこんなに甘いものが好きなんだろうと思ってたら、セロテープもくちゃくちゃやるんだよ。ベタベタしたものが好きだったんだよ。
やつい 
ウチの犬はティッシュ食いますから。何か腹に溜まればいいんでしょうね。ウンコでティッシュがそのまま出てくる。
宮沢 
猫はね、すげえ食って、すげえ勢いで吐く。そして自分の出したものをじっくり見てる。
やつい 
犬はじっくり見て、ちょっと食べたりしてます。
宮沢 
猫は食べないね。ウンコに関してだらしないのが3匹の中にいて、風呂場にしてあることがある。それが誰だかわからないんだよ、一度も現場を押さえたことがない。
やつい 
ウチの犬も時々するんです。床がウンコと同じ色っていうか、フローリングで茶色だから見えないんです。だから家の中で、時々ウンコを踏むんですよね。
宮沢 
仕事場でなんかくせえなと思ってウンコ探して、見つけて拭きとったのにまだ臭い。結局、俺が踏んでたっていう。
やつい 
教訓としては、ウンコを踏むかもしれないから、家で靴下は履かない。

(続く)

宮沢章夫/遊園地再生事業団主宰。著書に『長くなるのでまたにする。』ほか、多数。

やついいちろう/エレキコミック。エレ片『光光☆コントの人』を東京グローブ座ほかで開催。

写真・編集・文/
村岡俊也

本記事は雑誌BRUTUS886号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は886号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.886
死ぬまでにこの目で見たい日本の絵100(2019.02.01発行)

関連記事