エンターテインメント

演出について、キャラクターについて。師弟だからこそ話せること。

BRUTUSCOPE

No. 885(2019.01.12発行)
おいしいコーヒーの教科書2019
広瀬奈々子(左)西川美和(右)

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

『夜明け』

監督:広瀬奈々子/出演:柳楽優弥、小林薫/地方都市で木工所を営む男(小林)と、彼に助けられた謎の青年(柳楽)。過去に挫折し、苦悩を抱えた2人が少しずつ前へ進んでいく姿を、広瀬監督がオリジナル脚本によって嘘なく誠実に描き出す。主演の柳楽をはじめ、YOUNG DAISらのキャスティングもいい。1月18日、新宿ピカデリーほかで全国公開。©2019「夜明け」製作委員会

にしかわ・みわ

1974年広島県生まれ。2002年『蛇イチゴ』で監督デビュー。監督として『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』を手がける。また小説『きのうの神さま』『永い言い訳』が直木賞候補となった。エッセイ集『遠きにありて』が現在発売中。

ひろせ・ななこ

1987年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学卒業後、2011年から制作者集団〈分福〉に所属。是枝裕和監督のもとで監督助手を務め、『そして父になる』『海街diary』『海よりもまだ深く』、西川美和監督作『永い言い訳』などに参加。本作で映画監督デビュー。

photo/
Tomoo Ogawa
text/
Yusuke Monma

本記事は雑誌BRUTUS885号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は885号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.885
おいしいコーヒーの教科書2019(2019.01.12発行)

関連記事