カフェ

焚き火で焙煎、夕暮れと味わう。 海辺のロースタリーカフェ。

進化するマシンから焚き火まで。近頃のコーヒー事情。

No. 885(2019.01.12発行)
おいしいコーヒーの教科書2019
この日の海岸は強風。「昨日はほぼ無風。天気で味も変わります」

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

三浦半島西側の、久留和海岸〜秋谷海岸で開催。1日1組限定で、開催希望日の1週間前までにメール予約が必要(宛先:san@ozzio.jp)。基本料金は1名3,500円〜。コーヒーはポットで2,000円。

流木で作ったカップハンガーとスウェーデン製のククサカップ。

PHOTO/
Koh Akazawa
TEXT/
Koji Okano

本記事は雑誌BRUTUS885号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は885号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.885
おいしいコーヒーの教科書2019(2019.01.12発行)

関連記事