多忙なら簡単に淹れて美味しい豆。

焙煎家・オオヤミノルと考えた。美味しい食後のコーヒーって何だ?

No. 885(2019.01.12発行)
おいしいコーヒーの教科書2019
左から須田さん、ジャーを回して湯を攪拌するオオヤさん、次男を背負って駆けつけてくれた五十嵐さん。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

Dhaba Kunitachi

ダバ★クニタチ/東京都国分寺市光町1−45−12☎080・4112・2013。11時30分〜14時LO、17時30分〜21時LO。月曜・火曜夜休。毎週日曜日9時〜10時30分はモーニング営業を行っている。

オオヤミノル

1967年京都府生まれ。焙煎家。京都の〈オオヤコーヒ焙煎所〉と〈kafekosen.〉、岡山・倉敷の〈cafe gewa.〉主宰。著書に『美味しいコーヒーって何だ?』(マガジンハウス)。

文・岡本 仁

おかもと・ひとし/北海道生まれ。編集者、文筆家。雑誌編集者を経て〈ランドスケーププロダクツ〉所属。2010年頃よりサードウェイヴ・コーヒーの動向を観察する。上記のオオヤの著書を構成・編集。

photo/
NorioKidera
text/
HitoshiOkamoto

本記事は雑誌BRUTUS885号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は885号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.885
おいしいコーヒーの教科書2019(2019.01.12発行)

関連記事