エンターテインメント

家中が本で埋もれても、持っておきたいビジュアルブックって?

ビジュアル系バカ一代。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書
中嶋大介 /〈新しい古本屋〉店主など、手塚敦嗣 /〈手と花〉ディレクター、彫刻家
本に占領された手塚さんの自宅。
本棚の概念がない中嶋さんの家。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Astushi Tezuka

1969年長野県生まれ。神田のオルタナティブスペース〈手と花〉ディレクター。古いものを愛し、本の収集、販売も。映像、デザイン制作を経て、近年は、FRPなどでの彫刻の制作と、古物を使用した空間デザインを展開中。

Daisuke Nakajima

1976年京都府生まれ。古本、古着などを収集。最新のプロジェクトに自宅を不定期開放した古書店〈新しい古本屋〉がある。古本の秘密結社UBU所属。著書に『アホアホ本エクスポ』『展覧会カタログ案内』『ワンコイン古着』。

photo/
Kota Sake
text/
Asuka Ochi

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事