エンターテインメント

分断の風が吹く時代に、「固有の声」を読む12冊。

“越境” するための読書。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Takafumi Ando / 1981年大分県生まれ。編集者。出版レーベルTISSUE PAPERS主宰。編集書籍・雑誌等多数。また研究者として移民・境界と表現や表象、メディアの関係を中心領域とする。「トーチweb」にて
『国境線上の蟹』連載中。

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事