書籍・読書

暗くてもネガティブでも読みたくなる、“実録私小説”とは?

生きづらさと実録私小説。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書
花田菜々子、高石智一

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

Tomokazu Takaishi

1979年千葉県生まれ。編集者。こだまの『夫のちんぽが入らない』、爪切男の『死にたい夜にかぎって』など話題作を担当。まんしゅうきつこの『湯遊ワンダーランド』にも担当編集者として登場。

Nanako Hanada

1979年東京都生まれ。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで店長を務める傍ら執筆家として活動。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』。

photo/
Jun Nakagawa
text/
Yuriko Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事