書籍・読書

目に見えないものに惹かれてしまう謎│選者 小林エリカ(漫画家、作家)

理系読書。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書
「見えないものを見てみたい」。人がそう欲するのはなぜだろう? その欲求を突き詰めた人の本を読み、その根底について考えたい。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

こばやし・えりか/1978年東京都生まれ。長年放射能に興味を持ち、キュリー夫人の人生の軌跡を取材しながら執筆を続ける。史実に沿ったエネルギー問題を織り交ぜた物語『マダム・キュリーと朝食を』で芥川賞候補。漫画家としても活動し、最新作は『光の子ども2』。

text/
Yuriko Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事