エンターテインメント

「ゴシック」とは生き方の問題。 屈強な美意識で社会の虚構を穿つ。

危険な作家

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Eiri Takahara

1959年三重県生まれ。小説家、文芸評論家。85年『少女のための鏖殺作法』で幻想文学新人賞を受賞しデビュー。96年『語りの事故現場』で群像新人文学賞評論部門優秀作。著書に『少女領域』『怪談生活』『抒情的恐怖群』など。最新刊は『エイリア綺譚集』。

photo/
Jun Takumi
text/
Saori Kuramoto
edit/
Hikari Torisawa

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事