書籍・読書

差別や迫害と戦う女性たち。

骨太! 社会派ノンフィクション。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書
荻上チキ、武田砂鉄
『キャバ嬢なめんな。─夜の世界・暴力とハラスメントの現場』
『ジェット・セックス─スチュワーデスの歴史とアメリカ的「女性らしさ」の形成』
『ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度』
『女たちの王国─「結婚のない母系社会」中国秘境のモソ人と暮らす』
『THE LAST GIRL─イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語』

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

Satetsu Takeda

1982年東京都生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年からフリーのライターに。『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。近著に『日本の気配』など。

Chiki Ogiue

1981年兵庫県生まれ。月曜〜金曜22時〜24時、TBSラジオ『荻上チキ Session-22』にパーソナリティとして出演。著書に『災害支援手帖』『いじめを生む教室』などがある。NPO法人〈ストップいじめ!ナビ〉代表理事。

photo/
Shinichiro Fujita
text/
Asuka Ochi

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事