人類の今と未来を知るには どんな本を読めばいい?│選者 吉川浩満

理系読書。

No. 884(2018.12.15発行)
危険な読書

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

よしかわ・ひろみつ/1972年鳥取県生まれ。国書刊行会、ヤフーを経て文筆家に。ポストヒューマン時代を読み解く鍵は人間について改めて知ることであると提唱した『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』が話題に。ほか『理不尽な進化 
遺伝子と運のあいだ』など。

photo/
Chihiro Oshima
text/
Yuriko Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS884号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は884号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.884
危険な読書(2018.12.15発行)

関連記事