ライフスタイル

「力の抜けたルックスで、 視覚的にもくつろげるんです」| 大野京子

ブラジル家具自慢。

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life
デザインの目利きたちはもうブラジルの家具の面白さに気づいています。地球の裏側で生まれた家具をはるばる日本に持ってきたファッションデザイナーの大野京子さんに、その魅力を語ってもらいました。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

おおの・きょうこ

ファッションブランド〈pelleq〉デザイナー。「ペレック」とはイタリア語の肌=pelleから生まれた造語。「セカンドスキン(第二の肌)」をテーマに、素材にこだわったデイリーウェアを発表する。

photo/
Keisuke Fukamizu
text/
Yuka Uchida
edit/
Tami Okano

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事