建築・インテリア

Charles and Ray Eames

改めて学びたい、ミッドセンチュリーデザイン3大巨匠のこと。

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

チャールズ&レイ・イームズ

1907年生まれのチャールズと1912年生まれのレイは、クランブルック美術学院勤務時代に出会い、結婚。多様な工業技術を応用した家具デザインを手がける。多数映像作品を残すとともに、IBMの展覧会プロデュースも行った。チャールズ1978年、レイは1988年没。

illustration/
Takashi Koshii
text/
Hisashi Ikai

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事