ライフスタイル

イームズはリーバイス501と同じようにずっと定番で、使い込みたい家具。| 森島 久 (BONCOURA代表)

Mid-Century in My Life

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life
森島さん(右)と〈SALON BONCOURA〉の店長を務める息子の悠輔さん(左)。壁に掛かるのはジラードのヴィンテージテキスタイル“SUN”を額装したもの。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Kunihiro Fukumori

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事