建築・インテリア

コレクターズアイテムではなく 毎日気兼ねなく使いたいもの。| groovisions (デザイン集団)

Mid-Century in My Life

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life
90年代中期に初めて買ったDCMは今も数が増え、日常的に使われている。3階建ての事務所には同じ家具がいくつもあるから面白い。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

グルーヴィジョンズ

アートディレクター伊藤弘が率いるデザイングループ。様々な領域でのグラフィックやムービー、メディアを問わないアートディレクション、デザインなどを手がける。

photo/
Yasuyuki Takaki
text/
Tropical Matsumura

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事