建築・インテリア

どんな家具にも合う、この普通っぽさが愛おしい。| いなもあきこ (ライター)

Mid-Century in My Life

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life
〈ミッドセンチュリーモダン〉で購入。脚は「何でもない感じが好き」という黒のHベースを選んだ。隣はハリー・ベルトイアのチェア。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

いなもあきこ

『談春 古往今来』(新潮社)でのルポなど人物ものに定評のあるライター。ほかに旅もの、猫、仏像などが得意分野。自宅マンションで愛用中のサイドシェルチェアは、1964年頃限定生産された稀少色・ホットピンク。

photo/
Shota Kono
text/
Masae Wako

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事