建築・インテリア

家具好き、フレンチ好きがネルソンを長年愛用する理由。| 宮田一彦 (建築家)

Mid-Century in My Life

No. 883(2018.12.01発行)
Mid-Century in Our Life
低く吊り下げられた照明はネルソンのバブルランプ アップル ペ ンダント。国内のディーラーから購入したオリジナルでリンゴを模した優しい丸みが気に入っている。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

みやた・かずひこ

1966年生まれ。97年に宮田一彦アトリエ設立。住宅を中心に改修・改築の設計を数多く手がける。8年前から住む北鎌倉の自宅兼アトリエは築60年の日本家屋のリノベーション

photo/
Satoshi Nagare
text/
Tami Okano

本記事は雑誌BRUTUS883号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は883号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.883
Mid-Century in Our Life(2018.12.01発行)

関連記事