ライフスタイル

香取神宮の狛犬

みやげもん

No. 882(2018.11.15発行)
続・いまさら観てないとは言えない映画。
狛犬1,000円(香取神宮☎0478・57・3 211)。

瀬戸の古窯で 焼かれた中世の狛犬 がモチーフに。

全国に400社以上ある香取神社の総本社である千葉県・香取神宮。こちらの有名な宝物としてまず名前があがるのが、国宝・海獣葡萄鏡。白銅質の円鏡に、葡萄唐草文、獅子、麒麟、鳳凰などがあしらわれた、中国唐代の工芸品。正倉院、四国大山祇神社の神鏡と並び「日本三銘鏡」とされています。

そんな国宝に勝るとも劣らない、魅力的な宝物がもう一つあります。それが、鎌倉時代後期から室町時代初期に、瀬戸の古窯で焼かれたといわれる古瀬戸狛犬です。スリムな体躯と、ユーモラスな表情。そして、どこかエキゾティックな雰囲気がある狛犬で、阿像は17・6㎝、吽像は17・9㎝と小柄ですが、野趣に溢れた姿をしています。陶製の狛犬でここまで古いものは国内でもほかに数例しかなく、国の重要文化財に指定されています。

この古瀬戸狛犬を模して縮小したものが授与所にて頒布されています。狛犬は、社殿前に置かれて厄災を退散させてくれる守護神であることから、家内安全の縁起物として神棚などに祀られています。

国宝の海獣葡萄鏡。工芸品としては千葉県で唯一の国宝。

重要文化財の古瀬戸狛犬。阿像は切手のデザインにもなっている。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
edit/
Shogo Kawabata

本記事は雑誌BRUTUS882号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は882号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.882
続・いまさら観てないとは言えない映画。(2018.11.15発行)

関連記事