エンターテインメント

いま、この映画を面白がれる自分でよかった。| 今泉力哉

自分史上最多観賞映画。

No. 882(2018.11.15発行)
続・いまさら観てないとは言えない映画。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Rikiya Imaizumi / 1981年福島県生まれ。2010年、音楽ドキュメンタリー『たまの映画』で商業監督デビュー。19年には角田光代の同名小説を映画化した『愛がなんだ』が公開予定。

text/
Saki Miyahara, Kei Osawa, Miki Miyahara

本記事は雑誌BRUTUS882号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は882号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.882
続・いまさら観てないとは言えない映画。(2018.11.15発行)

関連記事