山田まさきよ/紅茶王子

きたれ変態さん!

No. 881(2018.11.01発行)
札幌の正解
本人いわくバイブルという紅茶とインフルエンザの冊子とガイドブック。

丸々としたフォルムに似合わず、紅茶しか飲まない生活をしているまさきよさん。一部で紅茶王子と呼ばれる彼が、紅茶を愛飲するのにはわけがある。実は紅茶は、インフルエンザの感染を防ぐといわれているのだ。紅茶に含まれるテアフラビンという成分により、どんな型のインフルエンザウイルスにも効果を発揮。「紅茶をちょっとでも飲むと数時間は効果が持続するらしいから、家やお店で飲むだけじゃなく、ポットに入れて毎日携帯してるんだ。インフルエンザになりたくないからね」。最近では予防のためだけじゃなく、味も追求、日本紅茶協会発行の紅茶ガイドブックを片手に、おいしい紅茶店巡りもしているそう。「ホテルとかも多いから、優雅にティータイムを楽しんでるよ」。現在すでに50店舗目。全国津々浦々にある掲載されている229店をすべて制覇するのが今の目標だ。

山田まさきよ/紅茶王子

取材・文・写真/
井上 峻

本記事は雑誌BRUTUS881号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は881号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.881
札幌の正解(2018.11.01発行)

関連記事