アート

地球の脆弱性を語る作品を、日本で見る意味。| アイザック・ジュリアン

BRUTUSCOPE(KEY PERSON)

No. 881(2018.11.01発行)
札幌の正解

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む

アイザック・ジュリアン

1960年イギリス生まれ。89年にアメリカの黒人作家ラングストン・ヒューズを題材にした短編映画『ラングストンを探して』で映像作家デビュー。現在東京六本木の〈森美術館〉で開催中の『カタストロフと美術のちから展』にて、2008年の金融危機が、人々の生き方にどう影響しているかを描いた作品『プレイタイム』(14年)を上映している。

photo/
Kazushi Toyota
text/
Miki Miyahara

本記事は雑誌BRUTUS881号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は881号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.881
札幌の正解(2018.11.01発行)

関連記事