旅と地域

都市と自然をつなぐ アートが息づくサンクチュアリ。

札幌美女と一緒に。

No. 881(2018.11.01発行)
札幌の正解
美女とアート鑑賞

札幌芸術の森/真駒内

支笏湖や定山渓の程近く、約40ヘクタールの広大な森に開かれた芸術複合施設。その中心となるのが、国内外の作家による彫刻74点を常設展示する〈札幌芸術の森野外美術館〉と、砂澤ビッキなど約1,500点を所蔵し、企画展覧会を催す〈札幌芸術の森美術館〉。このほか陶芸、木工、染色などの体験工房が点在する。

野外美術館にあるダニ・カラヴァン作「隠された庭への道」は、7つの造形物を巡り、小さな庭へ至る全長300mの大作。「子供の時に来た記憶が蘇り、ノスタルジックな気分になる」とkaedeさん。11月4日から同館は休館となるが、1月中旬〜3月中旬はかんじきを借りると無料で散策できる。札幌の冬を体感するなら、雪化粧したアートに会いに行ってみるのもいい。

池に浮かぶ彫刻と美術館前庭に設置された五十嵐威暢作「Komorebi」は常時鑑賞できる(無料)。

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

kaede

フリーランスモデル/26歳 @kxexe

札幌芸術の森

札幌市南区芸術の森2−75☎011・592・5111。9時45分~17時(時期により異なる。入館は閉館30分前まで)。休館日は各施設で異なる。

photo/
Ryoichi Kawajiri, Satoko Imazu
text/
Hitomi Seki

本記事は雑誌BRUTUS881号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は881号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.881
札幌の正解(2018.11.01発行)

関連記事