アート

Lipton, Prospect Park(2015)|ナイマ・グリーン

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 880(2018.10.15発行)
洋菓子好き。
© Naima Green

 NYのブルックリンを拠点に活動するナイマ・グリーン。2013年から彼女が撮りためている「Jewels from the Hinterland(奥地の宝石)」という写真シリーズは、アフリカン・アメリカン(アメリカに住む黒人の呼び方はいつも難しいです)の人々のポートレートです。そのうちの一枚が、薄ピンクの花が咲く木に佇む、肌の黒い男性を写した上の作品。誤解を恐れずに言いますが、“敢えて”感がありますよね。どれほどの人がこの男性とピンクの花を「もうピッタリ似合うわ! ビューティホー」と瞬時にして思うことでしょうか? ええ、恐ろしきは先入観。男性らしさ女性らしさ美しさ醜さ……そういった類いの観念は、時代と場所と共に変化するもの、人それぞれ異なるもの。「そんなことわかっとるワ」と思うでしょう。それでも、不意に自分の先入観を目の当たりにする写真を突き出されたら、揺らぐものです。そして、先入観や偏見についていま一度考えてみようとするのでしょう。写真の持つ力を感じさせる作品です。

アートカテゴリの記事をもっと読む

text/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS880号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は880号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.880
洋菓子好き。(2018.10.15発行)

関連記事