ファッション

ストーンアイランドが日本初の旗艦店をオープン。パーティではライブで熱狂!

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 880(2018.10.15発行)
洋菓子好き。
〈マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン〉クリエイティブディレクターのマルセロ・ブロン(左)。
アフターパーティでは、ラッパーのオクタヴィアンが、場内を沸かせた。
〈アクロニウム〉ファウンダーのエロルソン・ヒュー(左)。
〈ストーンアイランド〉を展開するスポーツウェア カンパニーのオーナー、カルロ・リベッティ。
DJのミッキー・ピアース。
DJのベンジー・ビー。
オカモトズのオカモトレイジさん。
アフターパーティでは、ラッパーのオクタヴィアンが、場内を沸かせた。

 ストーンアイランドが、日本初となる旗艦店東京・南青山にオープン! お披露目パーティにはファッション業界や音楽業界の方、ダンスやヒップホップが好きな若者などが多数詰めかけました。
 ショップは箱型2階建てで、広さは約300㎡。内外装は打ち放しのコンクリートと、ファサードをはじめ要所に使われたガラスで構成され、開放的でクールな印象です。そこにストーンアイランドとストーンアイランドシャドウプロジェクトのコレクションが、色別にグラデーションを描くように並びます。実はストーンアイランドは、社内にラボラトリーを持ち、世界に現存する色味をすべて再現できるほど製品染め加工が得意なブランド。色彩豊かな洋服が、その実力を物語っていました。
 ショップでのレセプションパーティのあとには、別会場にてアフターパーティを開催。フランス生まれ、イギリス育ちのラッパー、オクタヴィアンが渾身のライブパフォーマンスを見せると、会場はゲストも一緒にリリックを口ずさむほどの一体感に包まれました。
 さらにイギリスを拠点に活躍するベンジー・ビーとミッキー・ピアースDJプレーに心地よく体を揺らすゲストのみなさん。ストーンアイランドの洋服とともに最高の夜を過ごしました。

抜けのある空間とガラスで仕切られた2階への階段が印象的だ。

STONE ISLAND TOKYO FLAGSHIP STORE OPENING RECEPTION & AFTER PARTY

Title ストーンアイランド 東京 フラッグシップストア オープニング レセプション&アフターパーティ
Date 2018年9月13日
Time&Place 19時〜21時(ストーンアイランド 東京)、21時〜24時(WALL&WALL)
Attendance 約800名

text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS880号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は880号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.880
洋菓子好き。(2018.10.15発行)

関連記事