Born Athlete American: Simone Biles Ⅱ(2016)|ジネット・ムント

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 879(2018.10.01発行)
心を開放する旅、本、音楽。
© Jeanette Mundt. Courtesy Greene Naftali, New York

 ジネット・ムントは1982年生まれ、NY在住の画家です(この作品、合成写真に見えるかもしれませんが油絵ですよ〜)。描かれているのは、2016年リオ五輪の体操種目で4個の金メダルを獲得した、米国のシモーネ・バイルス選手。当時、弱冠19歳。身長143㎝と小柄な体から繰り出されるダイナミックな演技に釘づけになった人も多いのでは……と、それはさておき、写真や写実絵画を見るとなんだか違和感を覚えたり、実物と違って見えることってありませんか? 全体がきちんと見えすぎているからなんですよね。現実世界でものを見る時、人間の目というのは一点にしかピントが合っていなくて、実はほとんどの部分がボヤけているものです。全体像を掴むなんて言葉はもってのほか! はい。ストップモーションのように描かれたこの絵をよく見ると、ところどころ画面が重なったり途切れたりして歪んでいます。違和感を違和感で煽るようにして、「私たちが見えているのは一部でしかないのよ」と教えてくれているようです。

text/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS879号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は879号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.879
心を開放する旅、本、音楽。(2018.10.01発行)

関連記事