「地球がまわるから、放り出されちゃうのよ」

戌井昭人『沓が行く。』

No. 878(2018.09.15発行)
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W

 青空があって街があった。ビルの隙間でセミが鳴く。猫が地べたにへばりつき、人間があぶら汗をたらしながらヘタレこんでいた。高みにのぼって、すべてを手に入れた気分になってみたけれど、コレは俺のモノではないしアンタのものでもない。まして神のモノでもなけりゃ、街をとり仕切る極悪人のモノでもない。地球がまわって街が傾いていく、無用な我々は、斜めになった地面を滑っていく、掴まるものはない、そして放り出されてしまうのよ。

いぬい・あきと/〈鉄割アルバトロスケット〉主宰。野間文芸新人賞受賞。著書に『ゼンマイ』(集英社)など、多数。

edit/
村岡俊也

本記事は雑誌BRUTUS878号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は878号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.878
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W(2018.09.15発行)

関連記事