ファッション

Hender Scheme|靴職人と密に関わるその意図は?

ファッションの現場に学ぶ。

No. 878(2018.09.15発行)
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W
アトリエに並ぶサンプル。右は秋冬の新作と、定番シューズで、左は歴代のmip。経年変化によって飴色に日焼けし、味のある表情に。
柏崎は、職人と毎日コミュニケーションをとる。靴作りは、いつも会話のキャッチボールから始まる。
古い4階建てのビルを一棟借りしたアトリエには、革の一部が並ぶ。サンプルはここでも作られる。
アトリエにあるミシンのほとんどが、引退した同業者から譲り受けたもの。こちらは、革の漉き用ミシン。
靴だけでなく、バッグ類やステーショナリー類も手がける。一部のナイロン素材以外は、すべて日本製。
エンダースキーマの製品を請け負う工場にて。写真のムートンの縫製工程は、職人の高い技術力が必要。
製作工場での吊り込み作業。専門の道具を使い一足ずつ仕上げる。奥にあるのは、完成間近のmip。
ムートンの靴に中底を手作業で貼る工程。糊が内側の毛にくっつかないようにするのが難しい。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンダースキーマ


2010年に設立し、2シーズン目から、mipをスタート。海外での評価も高く15年にはパリにて展示会を開催。16年には、東京・恵比寿に直営店〈スキマ〉をオープン。昨年は、アディダスとのコラボシリーズを発表し話題に。

本記事は雑誌BRUTUS878号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は878号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.878
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W(2018.09.15発行)

関連記事