ファッション

CHURCH'S

Made in UKのクラフツマンシップに学ぶ。

No. 878(2018.09.15発行)
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W
ワックスがけの腕を買われて引き抜かれた、責任者のキャロルさん。
スイスやドイツから、生後9ヵ月の仔牛の最高級タンレザーを輸入。
靴の型紙である「ナイフ」で、パーツを1枚ずつ革からくりぬく。
アッパーに裏地を縫い合わせる工程は、勤続27年のベテランが担当。
蒸気を当てて革を延ばし、踵部分を成形する、特別なマシン。
綿の枠を施すことで、本体から靴底を剥がして修理しやすくする。
コルクの柔軟性を活かし、グッドイヤーウェルトが足型を記憶する。
ソールの縫い目にワックスを施し、ハンドメイドらしい風合いを。
フィニッシングのクリームを塗ることで、個性や表情が生まれる。
以前は別の工場が入っていたという。1950年代の面影を残す外観が印象的。

老舗シューメイカーの再生、進化、そして変わらぬこと。

 皮革製品・靴製造業の中心地、ノーザンプトンで1873年に開業し、以来英国を代表する紳士靴を、昔とほとんど変わらぬ製法で作り続けているチャーチ。250以上に及ぶ工程のほとんどが熟練の職人による手作業で進められ、革の切り出しから数えると、1足の靴が完成するまでに約8週間を要する。最盛期には3000軒以上も軒を連ねていた靴工場も、今では数えるほどになってしまった。そうした状況の中でも、チャーチはクラフツマンシップの伝統を守りながら、なおも新しいもの作りに挑戦している。
 プラダ社がチャーチを買い取ったのは、英国が誇る伝統工芸の技に強く惹かれたからだった。最初に着手したのは、クラシックなプレーントウのオックスフォードを、細身でエレガントに変身させること。トラディショナルなスタイルをベースに、工程や素材で妥協することなく、現代的なシェイプやデザインを取り込むことで、“ノーザンプトン・シューズ”に新たな息吹を吹き込んだ。ブローグにトリプルソールを取り入れ、モンクストラップにダブルのバックルを施し、プレーントウにスタッズを打ち込むなど。あくまでもチャーチの伝統を踏襲しながら、ラグジュアリーブランドのDNAを取り込む柔軟性が、まったく新しい世代の紳士靴を生み出しているのだ。“守りたいのはイギリス伝統のクラフツマンシップであり、変えていきたいのは時代に合ったスタイル”というシューメーカーが、いちばん大切にしているのが、ブランドの財産ともいえる職人たち。親子3代にわたって工場に勤務している家族もいれば、勤続50年以上の女性もいる。下描きもなくアッパー部分をミシンで縫っていく熟練の技、飾りスティッチを入れるために1902年製の機械を使いこなすスキル、サイズやスタイルナンバーをライニングに書き込む緻密な作業など、無駄なく工程は進んでいく。グッドイヤーウェルトに欠かせないコルクをソールに塗り込む工程も、仕上がりの風合いを左右するワックスがけも、そのすべてが人の手によるものだ。最高級ラインのクラウン・コレクションに使うハンドスティッチ糸に至っては、綿糸に蜜蝋を塗り重ねて手作りされる。ノーザンプトンの他工場ではほとんど外注してしまう作業だが、専門の職人を擁する。質実剛健な靴の街にあって、伝統を継承しつつ進化を遂げるファクトリーの代表格となっている。

本記事は雑誌BRUTUS878号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は878号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.878
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W(2018.09.15発行)

関連記事