ファッション

RISING SUN

英国ファッションの猛者が集う個性を学べるショップ10選。

No. 878(2018.09.15発行)
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W
店主の池谷邦彦さん(左)と経済学の教授という赤瀬朋秀さん(右)。
オールドバーバリーなど、今注目のアイテムもお手頃価格。
ハリスツイードはもちろん、ハットなどもツイードものを用意。
1929年建設の海洋会館地下が店。階段を下り英国への旅が始まる。

英国トラッドをまとう紳士な大人の隠れ家。

 横浜の海岸通りに根を張り来年で20年。店内には1950〜70年代を中心にイギリス買い付けのツイードジャケットやトレンチコート、フォーマルなレザージャケットなど流行に左右されないトラディショナルな古着が並ぶ。どれもグッドコンディションでリーズナブル。ニューウェーブやダブなど店主お気に入りのブリティッシュサウンドがレコードでかかる店には、横浜ダンディたちが英国紳士になりきって足繁く通う。

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Koh Akazawa, Kunihiro Fukumori
text/
Tropical Matsumura
edit/
Tropical Matsumura

本記事は雑誌BRUTUS878号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は878号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.878
LONDON 服の学び場。STYLEBOOK 2018-19 A/W(2018.09.15発行)

関連記事