エンターテインメント

普段の会話も含めて、時間の積み重ねを丸ごと、映画の中にパックしたい。

BRUTUSCOPE

No. 877(2018.09.01発行)
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」
三宅 唱(左)、石橋静河(右)
佐藤泰志が原作の青春映画『きみの鳥はうたえる』公開。三宅唱監督と石橋静河が話す三宅唱の“演出論”。
劇場公開作は少ないが、『Playback』などの作品が絶賛され、新作を待望されてきた三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』。『そこのみにて光輝く』などの映画化作品で知られる佐藤泰志の小説を大胆に脚色し、函館に暮らす若者たちの恋と青春を繊細に映し出した。恋に奔放なヒロイン・佐知子を演じた石橋静河と三宅監督が、この作品に漂う穏やかで自然な空気の源泉を、演出法から解き明かす。

  クランクインの前にどんなやりとりをしましたか?
石橋静河 特に細かくやりとりしたわけではないんですよね。
三宅唱 この映画の前に、短編2本とオリジナル時代劇『密使と番人』を石橋さんと作っていて、そこから始まっていたと僕は思ってるんです。この撮影のざっと1年以上前からですね。
石橋 その時はまだ芝居の経験が少なくて、踊っていた頃の感覚が強かったんですけど、監督はそういう部分を面白がってくれたんです。決してノーとは言わずに、じゃあこういう感じは? ってやり方を一緒に考えてくれて。
三宅 例えば映画を観ていて、勝手にやってるんじゃないかと思うくらい、俳優がリラックスできている姿を観るのが好きなんです。だから石橋さんとは、どうやったらカメラの前でのびのびできるか一緒に試行錯誤しました。特に今回は、石橋さん演じる佐知子がどれだけ輝くかに懸かっている映画だったので、生き生きした姿を撮りたかった。例えば、石橋さんが大口開けて笑っている瞬間は最強なので、絶対に撮ろう、と。
  その狙いは石橋さんに伝えたわけではなく?
三宅 伝えてないです。でも(柄本)佑には話して、あの笑顔を一緒に撮ろうぜって。現場では僕以上に、共演した佑や(染谷)将太とのコミュニケーションによって、佐知子というキャラクターは変化していったと思います。
  佐知子をはじめ、3人の主要人物の生き生きとした姿が繊細に映し取られていて、どうやって撮ったのかと不思議なくらいです。
石橋 例えばビリヤード場のシーンでは、監督、柄本さん、染谷さんの4人でおしゃべりを始めて、こんなふうに遊んでみようかってビリヤードをしていたら、監督がいなくなっていて、いつの間にかカメラが回っていた、という流れでしたよね?(笑)
三宅 かな?(笑) 気軽に撮ったように思われても構わないんですが、僕はそのシーンの撮影に至るまでの時間全部を大切にしていました。例えば前夜に地元のコンビニへみんなで行って、「お前、この時間にそのアイス食うの?」っていうやりとりとか、そういう積み重ねがあって、ようやくあの3人の姿が撮れた気がします。
石橋 私にとっては、監督と一緒に短編を作ってきたこともプラスになったし、現場ではいろんな話をしたり、リハーサルをしたりする時間がたくさんあって、そうやって時間をかけながら準備ができなかったら、あれほどリラックスすることはなかったかもしれないです。だから監督は準備がうまい人なんだなって思いました。
三宅 もしかしたらこの3人と映画を撮るのは人生で一度きりかもしれないって思うと、お茶をしながらたわいない話をしている瞬間とか、そういう時間も丸ごと映画の中にパックしたい気になる。佑は、スクリーンに映るのは氷山の一角だけど、海に隠れている映っていない膨大な時間も感じられるのが映画だと。それが豊かな映画にしたいね、と話していました。日常のやりとりや、どう暮らすかということもすべて、映画を作る行為なんだと、今回強く実感しました。
  現場で印象的だったのはどんなことですか?
石橋 音楽からいろんなインスピレーションを得たのは特殊だったかもなって。ジョニ・ミッチェルの「A Case of You」という曲を撮影前によく聴いていたんですけど、現場で“僕”と静雄が暮らす部屋を見たら、「A Case of You」
を収録したアルバム『Blue』が置いてあったんです。それで、あっ、リンクしたと思って。その時、ライナーノーツを読んだら、『Blue』
を作った頃の彼女は大恋愛をいくつもしていたそうなんですね。そこには葛藤を抱えながら、でもみんなちゃんと好きだって歌っている曲が入っている気がして、いろんな人に惹かれていく佐知子のことが腑に落ちたというか。
三宅 って口で説明されたわけではなく、一言「これ読んでください」とライナーノーツを手渡されました。それを読んで僕もテンションが上がりました。原作を読み込んで脚本を書いた自分以上に、石橋さんはより深く佐知子を体でわかっているぞ と。
石橋 本編のラストカットを最終日に撮った時は、今回のもう一つのテーマ曲みたいなものを思い出しながら、これまでの撮影を振り返ってって言われましたよね。
三宅 撮影の中盤、ニーナ・シモンの「O−O−H Child」を聴くと視界が明るく広がる感じがあって、テーマ曲にしようと石橋さんと盛り上がっていました。日常でも、なにかのメロディが頭の中に流れだして、突然世界が変わって見える瞬間ってありませんか? それが、最後に佐知子の中で起こったらいいんじゃないかと、カメラが回る直前に思いついて、ここでニーナ・シモンじゃない? と。
石橋 最後のカットでその曲が頭に流れだした時は、函館での3週間ちょっとの撮影のことが、実際に自分に起きた出来事のように一気に駆け巡って、それはとても不思議な体験でした。
エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

『きみの鳥はうたえる』

監督:三宅唱/出演:柄本佑、石橋静河、染谷将太/"僕"(柄本)とその恋人・佐知子(石橋)、"僕"の友人・静雄(染谷)は3人の幸福な時間を過ごすが、その関係はやがて移ろい  。青春群像を繊細にほろ苦く映し取る傑作。新宿武蔵野館ほか全国順次公開中。©HAKODATE CINEMA IRIS

photo/
Kaori Ouchi
text/
Yusuke Monma

本記事は雑誌BRUTUS877号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は877号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.877
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」(2018.09.01発行)

関連記事