ファッション

スニーカーなのに本格スペック。

Brutus Best Bets

No. 877(2018.09.01発行)
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」

Brutus Best Bets

スニーカーなのに本格スペック

世界最大のスポーツ見本市『ISPO 2018』のハイキング&トレッキングフットウェア部門で、見事に金賞を受賞した《エキソストライク》の新モデルが登場。アッパーには防水性に優れたゴアテックス素材を使い、衝撃吸収性のあるソールを採用。街と山の両フィールドで活躍する機能を踏襲した。31,000円(エコー/エコージャパン☎0120・974・010)

トレンドはベースボール?

ベースボールモチーフが注目される今シーズン、〈マルセロ・ブロン〉はMLBの5チームとコラボ。オフィシャルロゴとワッペンがスポーティなニット帽は、ノスタルジックなボンボンが◎。9月12日19日伊勢丹新宿メンズ館でポップアップストアが開催される。各24,000円(エムエルビー×マルセロ・ブロン/イーストランド☎03・6712・6777)

ジャージの次はナイロン!?

〈モンキータイム〉限定で毎シーズン展開する〈フィラ〉とのカプセルコレクション。1990年代のスポーツウェアを彷彿させるライン入りのトラックパンツは、すっきりとしたテーパードシルエットにアレンジ。素材には、穿き心地のいい伸縮性のあるナイロンを採用した。14,800円(フィラ×モンキータイム/モンキータイム 原宿☎03・5464・2773)

真っ赤な"着るバッグ"。

4つの大きなポケットで収納力は抜群、“着るバッグ”として人気の《シードイットベスト》。オリジナルで色出しをした新作のFIRE REDはコーディネートのアクセントに最適。素材はコットンライクな肌触りのナイロンタフタを採用。ショルダーと身幅は2段階に調節できる。22,000円(ブラウンバイツータックス/フォントショップ☎03・5724・7232)

伊タッグの"美"サイクリング。

〈デウス サイクルワークス〉が、サイクルウェアの老舗、MOA社の〈ナリーニ〉とジャージを開発。伸縮速乾などの機能性と、モダンなデザインが融合した一着に。日本では2年越しの待望上陸で、9月上旬より販売開始。スタートの合図が待ちきれない! 各19,000円(デウス サイクルワークス/デウス エキス マキナ原宿店☎03・5413・3949)

新鮮に映るレトロなパターン。

滑らかなベロア素材にクラシカルなGGパターンを全面にあしらったシェニールジャケット。ヴィンテージライクなネイビー×オレンジの配色と、ラインを利かせたスポーティなリブの組み合わせが魅力的。同柄のパンツと合わせてオールドスクールな着こなしも今年らしい。178,000円(グッチグッチジャパンカスタマーサービス☎0120・88・1921)

日本の風景をニットに。

このニットは強風で白波が立った冬の日本海をイメージしてデザインされている。表と裏で異なる糸を編むプレーディング編みという技法により、うっすらと浮き立った糸で立体感のある表情に。絹のような艶とハリのあるシルケット加工を施したコットン糸を使用。着た時に肩が落ちるシルエット。24,500円(ヤシキ/アルファ PR☎03・5413・3546)

蘇った80年代デザイン。

今季は、1983年に発表された〈カルティエ〉初のアイウェアコレクションがインスピレーションの源。ゴドロンモチーフと、イニシャルを模したC ドゥ カルティエを組み合わせたヒンジがポイントだ。レンズは、ボルドーカラーの反射防止内面コーティング仕様。10月発売予定。108,000円(カルティエ/ケリング アイウェアジャパン☎0800・555・1001)

ファッションが飢餓を救う!

世界的な飢餓問題に対して支援を続けるWFP。その活動に賛同する〈バレンシアガ〉は、今シーズン、WFPのロゴをデザインに取り入れたさまざまなファッションアイテムを展開している。このベルトバッグも、売り上げの一部がWFPに寄付される。H17×W40×D8㎝。93,000円(バレンシアガバレンシアガジャパン☎0570・000・601)

斬新すぎる、異素材ミックス。

滑らかなカーフレザーとサイドゴアの間に、ネオプレーン素材を挟んだ斬新すぎるデザイン。〈プラダ〉らしい独自のアプローチで、革靴のトレンドの一つでもあるスニーカー風のアレンジを加え、軽快なムードに仕上げた。伸縮性に優れた履き口で着脱しやすい。86,000円*予定価格(プラダプラダクライアントサービス☎0120・45・1913)

大事なものを守るバッグ。

現金輸送用のバッグのように、GPSなどの電波を遮断するアルミを張り合わせた3層構造の素材を用いたショルダーバッグ。日常生活ではオーバースペックともいえる機能を備えているのはもはや〈C.E〉らしいユーモア。クシャッとしたペーパー風の素材感も面白い。小物ケースも展開。H41×W30×D15㎝。21,000円(C.E http://www.cavempt.com)

要所でインディゴが冴える。

素材や染色方法にこだわる中村ヒロキらしい、オリジナルヘリンボーン生地を使用したつなぎが登場。インディゴ染めの襟やポケット、袖口がアクセントに。背中にはチェーンステッチで《I.C.T.MOTORS》の刺繍が施される。写真のほかインディゴ、ダークインディゴの3色展開。144,000円(F.I.L. INDIGO CAMPING TRAILER☎03・6418・4125)

最高スペックの実用的ダウン。

1948年イタリアで創業した〈ヘルノ〉は、ラグジュアリーアウターウェアで知られる。写真の《LAMINAR IMPACT》は、熱圧着縫製によりLAMINAR初の完全防水ダウンを実現。超軽量のGORE-TEX®13デニールナイロンリップストップ素材で、軽量なうえに防風性、透湿性を備えた一着。148,000円(ヘルノ/ヘルノ・ジャパン☎03・6427・3424)

フレンチな〈ビッグヤンク〉。

数ある〈ビッグヤンク〉のコラボシャツのなかでも、特に新鮮なのが、〈レショップ〉との一枚。ヘビーデューティな生地や縫製はそのままに、前立てをなくし、台襟を低くすることでフレンチ風のミニマルなデザインに。低めのポケット位置や、ワイドなシルエットも特徴的。21,000円(ビッグヤンク×レショップ/レショップ☎03・5413・4714)

名作を2度おいしい仕様に。

〈レッド・ウィング〉の大定番、アイリッシュセッターを、ジップ仕様にアレンジした本作。個性派フェイスは飽きるかも……なんて心配は無用。ジップパーツはストラップを使った取り外し式で、従来の紐タイプに変更も可能。〈ビームス〉の技あり別注に舌を巻く。44,000円(レッド・ウィング×ビームスビームス 原宿☎03・3470・3947)

大人の赤は濃いめで。

レザー素材に光沢感を施したメッセンジャーバッグ。フロントのフラップと裏底には、〈ヴァレンティノ〉のアイコンでもあるシルバーのロックスタッズを配置。イタリア伊達男を思わせる渋いダークレッドの色合いも絶妙。H32×W34×D18㎝。187,000円(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク☎03・6384・3512)

胸いっぱいのロゴ。

2018年春夏シーズンよりスタートした、〈ヴァレンティノ〉のVLTNメンズコレクション。この秋冬は、アイコニックなロゴを大胆にデザインしたニットがリリースされている。カシミヤウール素材を使用したイタリア製で、モノトーンのモードな雰囲気が持ち味。180,000円(ヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

レザーとスタッズがきらめく。

ミリタリーカラーのクラッチバッグは、2コンパートメントの収納付き。ロックスタッズをあしらったデザインが特徴で、秋冬の小物使いのアクセントに活躍する。特殊な加工を施した光沢のあるレザーの質感は、ほかにはない味わい。H22×W31×D4㎝。107,000円(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

カジュアルなハードブーツ!?

人気のコンバットブーツは今季も健在。素材はブラックのハードレザーだが、VLTNロゴのストラップによってスニーカーライクの軽やかな一足に。厚底でコバがせり出したオリジナルソールは、秋冬の足元のコーディネートに、トレンド感を醸し出してくれる。143,000円(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

モードなトラックジャケット。

注目アイテムのトラックジャケットを〈ヴァレンティノ〉らしく、オールブラックでモードな一着に。デザインも、袖のサイドのさりげないラインと、胸のロゴプリントのみ。シンプルだからこそ、アウターとしてもインナーとしても使えて、アレンジが楽しめる一着だ。120,000円(ヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Naoko Sasaki, Tropical Matsumura
edit/
Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata, Naoko Sasaki, Tropical Matsumura

本記事は雑誌BRUTUS877号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は877号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.877
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」(2018.09.01発行)

関連記事