ZIP

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 877(2018.09.01発行)
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」
定番の朝ご飯メニュー「ZIP FOR TWO」。予算に応じて好みのコンビネーションを選べる。
ショーケースに並ぶデザート類。
店内には色々なアーティストの作品展示あり。
黒板で見やすいドリンクメニュー。
瓶から出して皿に分けると予想以上にボリューム満点。
保存用ガラス瓶Weckが飲み物用グラスに。
オーナーのアレクサンダー・プラールさん。

見栄えも良くてエコ。料理をガラス瓶に入れてサーブする。

 多国籍でクリエイティブな若者が集まる注目のノイケルン地区に昨年の夏、オープンしたカフェ〈ZIP〉。
ガラス瓶で料理をサーブするというユニークなスタイルが地元にすっかり定着し、観光客や、新たにベルリンに移り住んだ人たちの間でも話題になっている。
 オーナーのアレクサンダー・プラールさんは25年間レストラン業に携わってきたが、多くのカフェの朝ご飯に工夫がないことに気づく。そこで、ユニークな朝食のスタイルをプレゼンしたいと、このガラス瓶のアイデアが生まれたそうだ。ドイツの定番のワンプレートから、大勢でシェアをして食事を楽しんでもらおうという発想。蓋をすれば持ち帰りもできて、無駄なく、エコロジカルだ。
 器だけでなく、シェフとオーナーが一緒に開発した、なるべく地元の旬の食材を使った自家製の味にもこだわっている。瓶に詰められたクリーム系のオレンジ・フムス、フェンネル・ジンジャー・ハニー・バターなどZIPオリジナルメニューも人気。メキシコ風ザワークラウト、コルティードは容器内で発酵させるため保存が利く。スペルト小麦クランチのチーズケーキ・コケモモソースはベルリンで指折りの味と地元誌でも絶賛されている。
 リサイクル可能な自然素材であるガラス容器を使ったプレゼンテーション。日本でも流行りそうな予感がする。

この施設の魅力は?

1 カジュアルにシェアができる。
2 蓋をすればそのまま持って帰れる。
3 その瓶は再利用できて便利。

ジップ
Berlin
食事は朝昼が中心で夜は軽食。●Pannierstr. 57 12047 Berlin☎(49)30・296・890・60。9時〜21時(土・日10時〜、日・月〜19時、木・金・土〜23時)。無休。http://www.zipberlin.de

photo/
Shinji Minegishi
text/
Yumiko Urae
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS877号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は877号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.877
わかる?楽しい!カッコいい!!「刀剣」(2018.09.01発行)

関連記事