調香師、エドモン・ルドニツカ

PERFUME:THE FUNDAMENTALS 香水のことがもっと好きになる、いくつかの話。

No. 876(2018.08.16発行)
GOOD GROOMING GUIDE
©Michel Roudnitska
1 パフュームガーデンに立つエドモンとテレーズ。2 1947年の若かりしエドモン。書斎にて。3 カブリのラボを訪れたムッシュ・ディオール(中)とテレーズ(左)。クライアントであり、友人でもあったムッシュ・ディオールはエドモンの才能をいち早く見抜いた一人。エドモンはディオールから発表した香水により20世紀を代表する調香師とされた。©art & parfum

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

photo/
Manabu Matsunaga
text/
Masae Takanaka

本記事は雑誌BRUTUS876号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は876号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.876
GOOD GROOMING GUIDE(2018.08.16発行)

関連記事