靴と洋服を清潔に保つ道具。

靴と洋服

No. 876(2018.08.16発行)
GOOD GROOMING GUIDE

靴と洋服を清潔に保つ道具。

SNEAKER CLEANER

世界中のスニーカーフリークの靴棚に置かれている〈ジェイソンマーク〉のスニーカークリーナーセット。洗剤と水をブラシに塗布し、汚れた部分をブラッシング。吸水性のある布で拭き取れば、驚くほどキレイに。2,000円(伊勢丹新宿店☎03・3352・1111)

LAUNDRY SOAP

シャツを白く着続けたいなら、〈ウタマロ石けん〉の登場だ。襟や袖についた皮脂の汚れにも強く、洗濯によって失われていく衣類の白さを取り戻すための蛍光増白剤入り。水に溶けやすく塗りやすいので生地も傷みにくい。160円(東邦☎06・6754・3181)

LAUNDRY NET

〈フレディレック〉には、ランドリーネットもある。型崩れしやすいシャツやカットソーなどに適した目の粗いハードネットと、下着などを入れるのにちょうどよいソフトネットの2種類セット。洗濯のお供に。1,
480円(藤栄 マーケティング本部)

LAUNDRY BRUSH

ベルリンの〈フレディレック〉は、“洗濯”をコンセプトにコインランドリーをサロン化するとともに、洒落たランドリーグッズも作っている。こちらはその一つで、洋服についた汚れを部分的に洗うためのブラシ。1,000円(藤栄 マーケティング本部☎03・3723・6525)

SHOE TREE

レッドシダーを使用した〈エンダースキーマ〉のシューツリー。型崩れ防止、湿気を吸収するなどの主な役割はほかのものと同じだが、このブランドらしいヌメ革を使った引き手が意外と便利。S・M・Lの3サイズ展開。8,000円(スキマ 合羽橋☎03・6231・7579)

WASHING BAGS

化繊素材の洋服は、〈グッピーフレンド〉の洗濯バッグで洗いたい。洗濯中に抜け落ち、知らず知らずに環境汚染へと発展する極小プラスチック繊維の流出を防いでくれる。住む土地にも気配りを。3,700円(パタゴニアカスタマーサービス☎0800・8887・447)

SHOE POLISH GLOVE

パラブーツ〉の店にひっそり置かれるミトン型ポリッシュは、毎日の靴磨きの時間を劇的に縮めてくれる便利な道具。毛足の長い方で埃を取り、毛足の短い方で仕上げをすれば、常に曇り一つない状態を保てる。4,000円(パラブーツ青山店☎03・5766・6688)

CLOTHES BRUSH

大阪の池本刷子工業が、ブラシ一筋89年の技術を集約させたのが〈グランドイケモト〉。この洋服ブラシは天然の白馬毛に静電気除去繊維を混毛しているので、化繊の取りにくい埃を落とし、埃も寄せつけにくくしてくれる。6,000円(シボネ青山☎03・3475・8017)

SLIDER BAG

スニーカーを靴箱で管理しておくと、いつの間にか劣化していることがある。それを防止するのが、アメリカのスニーカーフリークの間で定番の〈ヘフティ〉食品用ストレージパック。わりとなんでも入るジャンボサイズ。2,000円(プロップスストア☎03・3796・0960)

photo/
Yoshio Kato
text/
Koji Toyoda

本記事は雑誌BRUTUS876号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は876号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.876
GOOD GROOMING GUIDE(2018.08.16発行)

関連記事