ライフスタイル

髭の道具。

No. 876(2018.08.16発行)
GOOD GROOMING GUIDE
1 刈り高が0.5〜12㎜の10段階調整可能な〈ウォール〉のグルーミングトリマー《WT5208》オープン価格(日本ウォール☎03・5333・2955)。2,3 トラディショナルなバーバー文化の残るイタリアはフィレンツェで1908年に誕生したシェービングブランド〈アンティカ バルベリア〉のビアードソープ(左)3,400円とビアードトニック(右)4,000円(バーニーズ ニューヨーク カスタマセンター☎0120・137・007)。4 1940年代のアメリカ紳士のグルーミング哲学をモットーにメイド・イン・ニューヨークで作られる〈ジェイエス スローン〉のビアードオイル。4,950円(チャント☎050・5240・4552)。5 ロッテルダムのバーバー〈シュコーラム〉と共同製作した〈ミズタニシザーズ〉の髭バサミ。0.5㎜単位の微細なカットも可能。28,000円(ミズタニシザーズ☎047・383・2620)。6 シアバターとアルガンオイルを配合し、髭と肌を保湿する〈ルーゾー〉のビアードバーム2,000円(ルーゾー ジャパン☎03・6804・5932)。7 口髭用に作られた〈ケント〉の髭用コーム。左1,200円、右1,600円(オックスフォードタイム☎042・724・5581)

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
text/
Koji Toyoda

本記事は雑誌BRUTUS876号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は876号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.876
GOOD GROOMING GUIDE(2018.08.16発行)

関連記事