下北沢〈ぶーふーうー〉の「チキンソテー」

十中八九同じ!思い出巡りの料理レシピ

No. 875(2018.08.01発行)
みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編
写真・文/クック井上。

 東京で一番ゆる~くて自由な街、下北沢。今はなき下北沢駅南口からすぐの場所に、数年前まであった喫茶店〈ぶーふーうー〉は、ゆる~く24時間営業。半地下で、さらには極限まで薄暗い照明なので、店内は昼でも夜。バイトは全員バンドマンで、長髪かパンキッシュヘアーに、ピアス&タトゥ&じゃらじゃらアクセという自由のフル装備。そんなお店に、昼夜を問わずに集うお客に一番人気なのがワンコイン500円、看板メニューの「チキンソテー」。甘み抑えめ、醤油が勝った照り焼き風のこいつが、大盛りご飯に合う! 打ち合わせ中のバンドマンも、ライブで滑った芸人も、稽古終わりの役者も、始発待ちの酔いどれも大満足。おとぎ話『3匹の子豚』の教訓“勤勉の大事さ”とはちょっと違う、夢追い人のたまり場でした。

思い出再現レシピ(1人分)

①強火で熱したフライパンにサラダ油小さじ2を引き、両面に塩コショウした鶏もも肉1枚の皮目を1分焼く。②水150㏄を入れて蓋をして蒸し焼きにし、水気が飛んだら蓋を開け、ひっくり返し中火で2分焼く。③醤油・酒・水・みりん各大さじ1、砂糖小さじ1/2を加えて絡めたら完成。

くっく・いのうえ。/食関係の資格を6つ所有する最強料理芸人。TV・ラジオのほか、レシピ開発や商品監修も行う。

photo/
クック井上。
text/
クック井上。

本記事は雑誌BRUTUS875号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は875号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.875
みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編(2018.08.01発行)

関連記事