一秒

菅原 敏「詩人と暮らし」

No. 875(2018.08.01発行)
みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編

一秒

カーテンに頭撫でられ
起きるいつもの13時
時計の針が少しずつ
心臓に差し込まれる
この毎日から
「黒ひげ危機一発」みたいに
まだ見ぬ世界にとびだして
あなたの膝まで辿り着きたい
ひとつの時代の最後の夏に

memo】「黒ひげ危機一発」かつては樽にナイフを刺して、海賊を飛び出させた人が勝者というルールだったらしい。ナイフのように光る金の時計の針たちがキラキラと心臓にちりばめられて、夏の光を反射する午後。(敏)

すがわら・びん/詩人。新詩集『かのひと 超訳 世界恋愛詩集』(東京新聞)発売中。国内外での朗読公演など幅広く活動中。

本記事は雑誌BRUTUS875号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は875号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.875
みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編(2018.08.01発行)

関連記事