アート

Untitled(2015) / Untitled(2016)|ルビー・ネリ

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 874(2018.07.17発行)
LIFE IS PARK!
Courtesy of the Artist and David Kordansky Gallery,Los Angeles.
Courtesy of the Artist and David Kordansky Gallery,Los Angeles.

 ルビー・ネリは1970年生まれ、ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストです。彼女が生み出すセラミック製の作品群は、巨大なサイズからごく小さなものまで様々ですが、その多くはややデフォルメされた女性のヌードがモチーフになっています。昔々から芸術とヌードは切っても切り離せない関係にあるけれど、それにしても、ピカソもアラーキーも皆こぞって女性の裸体を取り上げていますよね。なぜ? 捻じ曲げられたり縄で縛られたりして歪いびつな形になろうとも、女性の裸体はそれでも美しいのでしょうか。このワケにはどうも、ヴィーナスの象徴としての女性、または性的なニュアンスよりも、「その姿をどう見ているのか?」という“自分”に視点があるように思えるのです。何も纏まとわずに素を晒しているヌードの女性を見て、着飾ってみたり、盛ってみたり、時にはへっこませてみたり、普段いかに自分の体をヘンテコに仕立て上げているのかと、自分の本当の姿(=裸)をちょっとだけ思い出すことになるのかもしれません。

アートカテゴリの記事をもっと読む
text/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS874号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は874号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.874
LIFE IS PARK!(2018.07.17発行)

関連記事