ライフスタイル

Honda JADE

クルマのある風景

No. 874(2018.07.17発行)
LIFE IS PARK!
撮影/笠井爾示

今では稀少種? 低い全高のスタイリッシュワゴンが一新。

現在、売れ筋とされるクルマはどれも背が高いのが特徴です。そんな中、独自路線を走っているのがホンダのジェイド。全高は低く、とてもスタイリッシュ。そして、これまでの3列6人乗りに加えて新たに2列5人乗りを追加。また、ガソリンとハイブリッドが選べるのですが、どちらにもスポーティな走りとデザインを採用した「RS」グレードを設定。しかも、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準装備。それでもハイライトは顔です。フロントフェイスを一新し、よりアグレッシブなデザインとなっています。特に「RS」にはインラインタイプのLEDヘッドライトが装備されており、かなり印象的。整形は人でもクルマでも難しいのですが、今回は成功!だと断言できます。ほかとはちょっと違う、そんなクルマをお探しであればジェイドはぴったりの一台です。

人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に。ホンダ独自の思想がストレートに反映された室内は広々。

新たに2列5人乗りを設定したことで、荷室はさらに大きく使いやすいものに。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

Today's Photographer

Chikashi Kasai / 笠井爾示
1970年生まれ。多摩美術大学卒業後、ファッション誌をはじめ、CDジャケット、アイドル写真集など幅広く活躍。実父、舞踏家の笠井叡との共作『danse double』(フォトプラネット)ほか、『TOKYO DANCE』(新潮社)、『KARTE』(Noyuk)などを発表。最新刊として『東京の恋人』『となりの川上さん』(共に玄光社)が発売中。「今回は奇を衒てらわずにこのクルマが走っていそうな住宅街で撮影しています。いろんな用途をこなせるクルマだと思うのですが、こうした場所が一番馴染んでいて収まりがいいですね」

ホンダ ジェイド
車名は英語でヒスイを意味し、高貴な美しさと不変の価値を持つ新時代のクルマへ、という思いが込められている。税込み2,398,680円~(本田技研工業☎0120・112010 http://www.honda.co.jp)。

photo/
Chikashi Kasai
text/
Kohei Kawakami

本記事は雑誌BRUTUS874号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は874号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.874
LIFE IS PARK!(2018.07.17発行)

関連記事