その他

公園遊具記録

公園の遊び方、最新のPLAY4。

No. 874(2018.07.17発行)
LIFE IS PARK!
東京都北区王子六丁目児童遊園/王子駅から徒歩約15分。「飛鳥山公園の逆側ですがロボット滑り台を見に来るだけの価値はあります」
千葉県香取市わんぱく公園/「わんぱく公園という名称だがエジプシャンな公園。近くを流れる利根川をナイル川に譬えて造った⁉」
神奈川県藤沢市大鋸外原公園/「若い人には馴染みのないダイヤル式電話の滑り台。柏市にはプッシュホン型の電話滑り台も」
愛知県高浜市竜田公園/閑静な郊外に。「このニワトリも素朴でいいですが、水飲み場もオレンジのゾウさんになっていてかわいい」
神奈川県藤沢市後河内公園/湘南モノレール湘南深沢駅から徒歩15分ほど。「夜にこのパンダはちょっとだけ怖いかもしれません……」
東京都立川市錦第二公園/立川駅近く。「立川では有名な公園。駅近くなのでいつも人で賑わっていて電車からも見ることができる」
沖縄県豊見城市瀬長島カニ公園/那覇空港すぐそば。「上空を飛行機がガンガン飛んでいるので、飛行機好きにもたまらない公園です」
北海道紋別市ホワイトビーチ/「オホーツク海沿岸のビーチにあり、冬は流氷が来るところなので、滑り台を見るなら夏場がオススメ」

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

木藤富士夫
●フォトグラファー
きとう・ふじお/1976年神奈川県相模原市生まれ。2003年頃からデパートの屋上遊園地を撮り始め、05年に脱サラして写真の道に転身。13年から公園遊具を撮影。これまで6冊のZINEを発表。右下が最新のvol.6で表紙は町田市立つくし野ながぐつ児童公園。7月28日から台北で秋元机と2人展、9月9日までホテル雅叙園 東京の展示に参加。ZINEはウェブで販売。http://fujio-panda.com

text/
Asuka Ochi

本記事は雑誌BRUTUS874号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は874号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.874
LIFE IS PARK!(2018.07.17発行)

関連記事