ファッション

ジェームス・ボンドも愛用!

Brutus Best Bets

No. 872(2018.06.15発行)
新・珍奇植物

Brutus Best Bets

ジェームズ・ボンドも愛用!

爽やかなブルーがまぶしく、夏の日差しによく映えるスイムショーツ。かっちりしたテーラード仕立てのクラシカルなデザインで、リゾートではもちろん街でも着られるのが嬉しい。サイドにあしらわれたアジャスターがアクセント。カラーバリエーションが豊富に揃う。29,000円(オールバー・ブラウン/ヴァルカナイズ・ロンドン☎03・5464・5255)

見て、読んで、楽しいイラスト。

〈オーエーエムシー〉の今シーズンのインスピレショーン源の一つが、ビート文学を代表するアメリカの詩人、アレン・ギンズバーグ。なかでも象徴的なのがTシャツ。彼の左手を象ったイラストに沿うように、代表的なポエムが綴られた。隅々まで、ついつい読みたくなる一枚。12,037円(オーエーエムシー/エドストローム オフィス☎03・6427・5901)

ワンランク上のデザイン。

ここ数シーズン、サングラスのトレンドともいえるのが、ダブルブリッジデザイン。〈アイヴァン 7285〉のこちらのモデルは、メタルリムとアセテートを挟み込んだ、通称“セルワッパ”に切り込みを入れ、リムの上部にロウ付けするという特殊技術を用いたもの。各48,000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ☎03・3409・7285)

主役は大きなバックル。

〈ビルケンシュトック〉で不動の人気を誇る《ボストン》をベースに、バックルを約4倍に大きくリサイズした一足が登場。アクセサリーのような輝きで、定番のサンダルを新鮮な表情にしてくれる。アッパーの素材はオイルドレザーで、今シーズンの新作モデルだ。22,000円(ビルケンシュトック/ビルケンシュトック・ジャパン☎0476・37・7501)

今年も伝説が蘇る。

昨年に続き〈ロエベ〉は、スペインの伝説的なブティック〈パウラズ イビザ〉とのコラボコレクションを発表。その中でも、写真のビッグロゴトートバッグがオススメだ。調整可能なカーフスキンハンドルや、内側のジップポケットなど使い勝手もよし。H50×W35×D23㎝。98,000円(ロエベロエベジャパンカスタマーサービス☎03・6215・6116)

涼しげなレザースリッポン

美しいカーフレザーが丁寧に編み込まれたスリッポンシューズ。ライニングレザーにもパンチングを施しているため、通気性がよく、夏のドレスアップスタイルにぴったりな一足。写真のグレーのほか、シックなグリーンの2色が用意され、〈ネペンテス〉系列各店のみで展開される。45,000円(ニードルズ/ネペンテス☎03・3400・7227)

絣生地で、夏を羽織る。

夏の訪れを知らせる日本伝統の織物として、長く親しまれてきた絣生地。その独特な味わいに惚れ込んだ〈ユニバーサル ワークス〉が、夏にぴったりな開襟シャツを製作。甘く編み立てたソフトな風合いに、こすれたようなオリジナル柄が加わり、清涼感をさらに引き立てている。24,000円(ユニバーサル ワークス/メイデン・カンパニー☎03・5410・9777)

洗練された香りを一吹き。

潔くブラック一色のボトルで登場した〈プラダ〉の新作フレグランス。甘く人を惑わせるようなウッディアンバーに、ベルガモットとアンゼリカのエネルギッシュな香り、さらにムーディなパチョリとクマリンが魅了する。プラダ ルナロッサ ブラック オーデパルファム。100㎖。12,800円(プラダ/インターモード川辺 フレグランス本部☎0120・000・599)

新旧のクリエイションを味わう。

ハイダー・アッカーマンがクリエイティブディレクターに就任以降、力を注いできたナイロン小物。2018年秋冬プレコレクションで新定番に加わった、ボディバッグもその一つ。ブランドを象徴する柄、“スクリット”をあしらい、止水ジップを備えた仕様に。各177,000円(ベルルッティベルルッティ・インフォメーション・デスク☎0120・203・718)

胸元にスカルの毒リンゴ。

今シーズンの目玉コラボとして注目の《Coach × Disney Signature C Apple Applique》。Tシャツのフロントには、『白雪姫』の毒リンゴをモチーフにしたユニークなアップリケが施されている。ちょっぴり毒っ気のあるイラストが、大人の男性にも取り入れやすい。16,000円(コーチコーチカスタマーサービス・ジャパン☎0120・556・936)

360度、全方位に快音が響く。

〈ビーアンドオープレイ〉の新作ポータブルスピーカーは、特殊な加工を施した錆びにくいアルミニウムを使用し、シンプルかつモダンなデザインが特徴的。ボディの両面に施されたホールパターンによって、部屋のどこにいてもパワフルな音を体感することができる。H17×W13×D6.8㎝。46,287円(ビーアンドオープレイ/TFC☎03・5770・4511)

究極の肌触りを追求。

生地だけでなく織り機の種類までこだわり、着心地を追求する〈カンマ〉の服作り。ハイゲージニットのような滑らかな肌触りを超長綿で実現したのが、このスエット。身頃だけでなくネックやポケットのステッチまで、オールフラットシームでほぼ凹凸のない仕上がり。半袖22,000円、長袖27,000円(カンマ/12MASU INC.☎03・5465・2312)

フレンチメイドには目がなくて。

フランス初の機械式ダイバーズウォッチ、“ノーティック・スキー”シリーズから日本未発売モデルがついに上陸。〈ミヨタ〉のムーブメントをベースに、フランスのブザンソンにある自社アトリエで、職人が手作業で仕上げている。ラバーとレザーのストラップが付いてくるのも嬉しい。7月発売予定。74,000円(リップ/DKSHジャパン☎03・5441・4515)

一度穿いたらやみつきに。

1871年に創業し、現在もスイス自社工場で生産を続ける肌着メーカー〈ヅィメリー〉。その特徴は、薄くて軽い素材。一本一本が長いシングルプライの超長綿を用いて仕立てられる下着は、スベスベの肌触りが持ち味だ。シンプルで潔いデザインに、締め付けの少ないパターンも魅力的。各10,900円(ヅィメリー/阪急メンズ東京☎03・6252・1381)

ショーツ姿に映えるシューズ。

この春、復刻モデルとして登場した《ディスラプター》は、1990年代にトレイルランニング用として開発されたもの。厚手のソールとボリュームのあるシルエットが特徴で、写真の2型を含む全7型が展開されている。ファッションアイテムとしても注目だ。右9,800円、左9,500円(フィラ ヘリテージ/フィラ カスタマー センター☎0120・00・8959)

野菜がボールペンに!

スウェーデンのビエーレ半島で生まれたブランド〈ワイルドライフガーデン〉。ニンジン、サヤエンドウ、ガーリック、西洋ネギをモチーフにハンドクラフトで生み出されたユニークな木製ボールペン。使うたびに思わず笑顔になれるはず。プレゼントにもおすすめ。各900円(ワイルドライフ ガーデン/ザ・コンランショップ☎0120・04・1660)

クラシカルなサファリスタイル。

トム・フォード自らのお気に入りとして、シーズンごとにシルエットをアップデートしながらリリースされているサファリシャツ。考え抜かれたポケットの位置や大きさ、タイトなスタイルなど、トムの洗練された美意識を堪能できる一枚。張りのある上質なコットンリネン素材を使用。55,000円(トム フォード/トム フォードジャパン☎03・5466・1123)

ヒゲの一本まで、職人の手作業。

これまでのダメージ加工とはまったく異なる技法で、経年変化を再現した〈カンタータ〉のストレートデニム。まるで絵を描くように一本一本の“ヒゲ”を漂白し、“あたり”や“色落ち”はすべて職人の手作業によるもの。セルビッチや生成りの緯糸まで、ヴィンテージ感をとことん追求した。89,000円(カンタータ/カルネ☎03・6407・1847)

夏の海よりも青い。

スポーティすぎず、程よいファッション性が魅力のバックパック。発色のいいブルーのボディに、白でアクセントをつけたお馴染みの4本ステッチとレザータグが目を引く。写真のブルーのほか、ブラックとイエローなどもあり。レギュラーサイズ。H42×W33×D15㎝。98,000円(メゾンマルジェラメゾンマルジェラトウキョウ☎03・5725・2414)

見た目も履き心地も大満足。

エレガントなフォルムと極上の素材使いが人気の〈ジャンヴィト ロッシ〉。シボ加工を施したレザーを用いたハイカットスニーカーは、ヒールと足首にボタンとファスナーを使い、着脱を容易にしたディテールに注目。ソフトなレザーのインソールなので歩行も快適だ。各103,000円(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン☎03・3403・5564)

photo/
Nagahide Takan
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata
edit/
Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata

本記事は雑誌BRUTUS872号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は872号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.872
新・珍奇植物(2018.06.15発行)

関連記事