生活・スポーツ雑貨・プロダクトアウトドア

ギアかぶりなし! 工芸の技でさらに美しく。

アウトドアギアの新境地。

No. 871(2018.06.01発行)
CAMPとHIKE 頼れる道具
南部鉄器のホットサンドメーカー。 1852年創業の老舗南部鉄器鋳造〈OIGEN〉のホットサンドメーカー。鋳物ならではの重厚感にマットな質感と、武骨さが魅力。しっかりプレスできて、外側はカリッと香ばしく仕上がる。L41.7×W14.4×H4㎝、1.5㎏。6,000円(及源鋳造☎0197・24・2411)
真鍮のスポーク。 岡山県で真鍮製のカトラリーを製作する〈Lue〉。スプーンとフォークが一体化した《スポーク》は、できるだけ道具を減らしたいアウトドアに最適。使うほど味わいが増し、経年変化が楽しみ。W17×D3×H1.5㎝、32g。5本セット6,000円(Lue☎0869・24・7570)
万古焼のスキレット。 三重県の伝統工芸、万古焼の〈JARLD〉オリジナルスキレット。陶器と磁器の間の性質を持つ炻器は耐熱性に優れているため、焚き火台やガスコンロの上で直接調理できる。W24.5×D16×H4㎝、344g。2,500円(JARLD PROJECT OFFICE☎03・6804・1480)
山中塗りのスタッキングボウル。 器と雑貨の店〈VIVAHDE〉と山中塗り職人のコラボで生まれた「山のうつわ」。大(520㎖)、中(360㎖)、小(240㎖)セットでクッカーに重ねられる。国産の栓の木製で、熱いものを入れてもアチッとならない。合計210gと軽量。9,800円(VIVAHDE☎0467・61・0888)

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

photo/
Chihiro Oshima
text/
Yumi Kurosawa

本記事は雑誌BRUTUS871号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は871号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.871
CAMPとHIKE 頼れる道具(2018.06.01発行)

関連記事