ライフスタイル

OUTDOOR SHOP DECEMBER

ギア好きがわざわざ足を運ぶ店。

No. 871(2018.06.01発行)
CAMPとHIKE 頼れる道具
オリジナルグッズはWebからでも購入できるが「実際に手に取ってみたい」と、来店して選ぶ客も多い。
(左)2018年春登場の新アイテムは、キッチンペーパーも掛けられる優れもの。DAISユーティリティキッチンロールケース5,500円。(右)キャンプで薪を運んだりする時に重宝する。DAISギア&ログキャリー ベージュ11,900円。

手作りのオリジナルグッズを展開。

 蔵王連峰を見晴らす山形市郊外にあるこちらのお店は、商品の8割が独自に製作したアウトドアグッズ。一番人気のタープをはじめ、トートバッグ、ログキャリーなどサイズ、色ともに豊富に揃える。もともともの作りをしたかった店主の菊地大二郎さんが、大好きな自然の中で、実際に使いたい、持ち歩きたいと思う、機能的でスタイリッシュな道具を形にしているという。ロウ引きした防水帆布を使ったタープは、最初は硬くゴワゴワした印象を持つかもしれないが、使い込むうちに馴染んでくる。各種のギアバッグもロウ引きの帆布を使用、丈夫なうえに軽量、型崩れしにくくタウンユースにもぴったり。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

OUTDOOR SHOP DECEMBER
山形県・山形
岩手の自然の中で育った菊地さんが、学生時代を過ごしたという山形市に2009年に開いたショップ。周辺の湖や河川などでカヌー体験も行っている。●山形県山形市飯田2−2−2☎023・623・9671。13時~18時。水曜・木曜休。http://december.shop-pro.jp/

photo/
Ko Akazawa, Dai Iizaka, Fumiko Kawazoe, Yoshikazu Itamoto
text/
Masaya Ino, Yoshikazu Itamoto

本記事は雑誌BRUTUS871号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は871号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.871
CAMPとHIKE 頼れる道具(2018.06.01発行)

関連記事