ファッション

ハンティング・ワールドの新コンセプトショップとなる高島屋玉川店がオープン!

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 870(2018.05.15発行)
新 お金の、答え。
サカナクションの山口一郎さん。
クローゼットやリビングを思わせる空間。
手品師のマギー審司さん。
ショップ外観。
俳優の賀集利樹さん。
クローゼットやリビングを思わせる空間。
ハンティング・ワールドのクリエイティブディレクターである相澤陽介さんが手がけた新モデル。
左から/相澤陽介さん、ワンダーウォールの片山正通さん。
バレエダンサーの柄本弾さん。
クローゼットやリビングを思わせる空間。
モデルの櫻井貴史さん。
重厚な石積みの壁と軽快なフローティングを施したガラスのショーケース&ネオンのメッセージの組み合わせが、良い違和感を演出している。

 2015年にブランド創設50周年を迎えたハンティング・ワールドは、新しいクリエイティブチームを編成し、さらなる進化に向けたプロジェクトをスタートしました。その一環として、ハンティング・ワールド髙島屋玉川店がリニューアルオープン。内覧会を兼ねたパーティが開催されました。
 店内に入るとクリエイティブディレクター相澤陽介さんによるバッグやアパレルアイテムがフルラインで揃う、目を見張るような空間が広がっていました。
「ベーシックなバッグをしっかり残しながら、それを進化させたバッグのバリエーションも作りました。さらにアパレルも充実させた新たな世界観そのものが、このショップです」とは相澤さん。
 インテリアデザインはワンダーウォールの片山正通さんが担当。「先で出合うハンティング・ワールド」をキーワードに、“初めてのサファリツアーで訪れたバケーション・ヴィラには、家主が使い込んだハンティング・ワールドのバッグが無造作に置かれていた”、そんな架空のストーリーをイメージして生まれた空間です。
 さりげなくポール・ケアホルムの家具も置かれたショップ内でのパーティは、かしこまりすぎることのない、リラックスした雰囲気が印象的でした。

ショップの奥にはリビングダイニング的なスペースが広がる。

HUNTING WORLD TAKASHIMAYA TAMAGAWA Renewal Open Cocktail Party

Title ハンティング・ワールド髙島屋玉川店 リニューアル オープン カクテル パーティ
Date 2018年4月19日
Time 17時〜21時
Place ハンティング・ワールド髙島屋玉川店
Attendance 約180人

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Nagahide Takano
text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS870号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は870号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.870
新 お金の、答え。(2018.05.15発行)

関連記事