ライフスタイル

世界が熱視線を注ぐ日本の建築。その過去、現在、未来を体感する展覧会。

BRUTUSCOPE

No. 869(2018.05.01発行)
居住空間学2018 歴史をつなげる部屋。
ライゾマティクス・アーキテクチャー《Power of Scale》 2018年 インスタレーション *参考図版
伝千利休《国宝・待庵》安土桃山時代(16世紀)/2018年(原寸再現)制作:ものつくり大学 *参考図版 
杉本博司《光学硝子舞台(小田原文化財団 江之浦測候所)》 2017年 神奈川 ©小田原文化財団

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
text/
Emi Fukushima

本記事は雑誌BRUTUS869号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は869号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.869
居住空間学2018 歴史をつなげる部屋。(2018.05.01発行)

関連記事