建築・インテリア

曾祖母の暮らした家を“素材”として自由に使う。

歴史をつなげる部屋。

No. 869(2018.05.01発行)
居住空間学2018 歴史をつなげる部屋。
曽祖母が住んでいた和風住宅を改装。リビングは2間あった和室を1つにして10畳に。天井は抜き、壁は板張りにした。冬の寝床は薪ストーブのあるこの部屋の梁に板を渡して自作した屋根裏で。梯子を掛けて上っている。
リビングの反対側の壁面。飾ることは好きで、「S¦SPECIAL」と書かれたプレートは香港のバスの行き先表示板。ホンダのバイクはこれから作品を作るための素材で、岡本さんはオフロードバイクのレーサーでもある。
2階の寝室。本棚や収納、板張りの壁は当時のまま。この壁が「ハワイっぽくも見える」とキルトのベッドカバーを合わせ、本棚の奥の壁を明るいグリーンにペイントした。
キッチン・ダイニング。左の壁にウィリアム・モリスの壁紙を貼り、その隣に取り壊す教会からもらってきた木製の扉を合わせた。扉の奥は浴室。キッチンはIKEAで新調。
玄関奥に土壁を塗って床の間風に。田んぼの土で自作した。展示空間として床の間をアップデートさせるという作品のアイデアがあり、植物と作品を置き、見え方を検証中。
深い庇のあるデッキテラス。もともとは庭へ突き出ていた和室だったが、柱だけを残して壁を取り払い屋外にした。庭とリビングをつなぐ中間領域として活用している。
玄関入ってすぐは岡本さんのアトリエ。増築された鉄骨部分で、2階の寝室と同じ板張りの壁が残る。骨董、鉱物、頭骨など制作の素材となるものが集まっている。
リビングの窓に描かれた岡本さんのドローイング。装飾ではなく、ライブペインティングのための下描き。家はアートのための実験場でもあり、部屋のあちこちに思考の跡が残る。
最近、買い足した隣の空き地。用途は未定で、“空いた土地”がある贅沢を楽しんでいる。見えているのは家の西側の側面。玄関の扉こそ変えたが、外壁にはほぼ手を入れていない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

岡本
●美術家

兵庫県加古川市

おかもと・りょう
1977年兵庫県生まれ。19歳で渡英し、現代アートを学ぶ。帰国後、独自の視点で買い付けした輸入雑貨を扱うeinshopを立ち上げる。2009年、アート活動を再開。17年、アートブランド〈CALMA〉をスタート。隣は奥様の佳代子さん。http://c-a-l-m-a.jp

photo/
Kiyoshi Nishioka
text/
Yuka Uchida

本記事は雑誌BRUTUS869号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は869号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.869
居住空間学2018 歴史をつなげる部屋。(2018.05.01発行)

関連記事